脱毛による肌トラブルの可能性

脱毛

脱毛で肌トラブルは起こるの?

脱毛を行うことで、人によっては肌に異変が生じる可能性があります。やけどや腫れ、色素沈着などです。
肌が弱く、脱毛でやけどをしてしまったという方もいるようです。また、施術後に肌が赤くなったりした場合は、照射した光の熱が原因です。この場合は、数日で腫れが改善することがほとんどですが、腫れがひかない場合は脱毛サロンに連絡をし、病院へ行きましょう。色素沈着は、赤みの悪化ケースで、茶色いシミのような跡が残ってしまうことです。色素沈着は脱毛後のケアが問題となっている場合があります。脱毛後は、紫外線に当たらないように気をつけ、かゆみを感じてもかかないように気をつけましょう。
こういった肌トラブルが起こる可能性は低いのですが、0ではないのでそのリスクも頭に入れておきましょう。肌が弱い方は、無料カウンセリングや施術前に、スタッフに相談しましょう。

脱毛後のケア

脱毛サロンで施術後、刺激を受けた肌はデリケートになっています。自宅でしっかりアフターケアを行いましょう。
まず気をつけておきたいのは、脱毛当日のお風呂です。レーザーの熱が残っているまだ肌に残っているので、湯船に浸かるのは控えるようにしましょう。熱いお湯に浸かると、肌の炎症が起きてしまう可能性があります。
また、脱毛後の肌は乾燥しやすくなり、敏感になります。赤みや腫れを防ぐためにも、お風呂上がりにローションやクリームで保湿を行いましょう。さらに、肌が乾燥していると、次回の脱毛時に痛みを感じやすくなってしまいます。できれば継続して、肌の保湿を行うことをおすすめします。